腹筋を効果的に鍛える方法


1回10秒の筋トレでカッコイイ腹筋にする方法を知りたくありませんか?
>> 詳細はこちら


メンズガードルで見た目はかっこよくなっても、脱いでしまったらぽっり、となります。
(長期間にわたってメンズガードルを着用していれば、改善効果はあるようですが・・)

ぽっこりお腹をへこませるためには、ダイエットと運動が必要です。

運動はまずは軽いものから。最初はラジオ体操でも良いのです。
そして散歩、ジョギング。

まず腹筋運動、と思うかもしれませんが、いきなり無理をしないほうが良いです。スポーツクラブなどに入っているなら、トレーナーと相談してメニューを組むことができれば理想的です。

さて、その腹筋運動ですが、いきなり張り切ると腰や首を痛めることになります。
前述のような準備期間を経て、軽い準備運動をしたのちに無理のない範囲で腹筋運動に取り組むのが良いでしょう。

効果が高いと言われている腹筋の鍛え方を二つご紹介します。

もともと腹筋をダイエット目的で鍛えるのか、腹筋を割ることが目的でトレーニングするのかによっても当然違ってきますが、基本は段階的に、無理のない形で負荷をかけていくということです。

通販でいろいろな器具を売っていたりしますが、まずは基本的な運動でも良いと思います。

さて、ご紹介するのは、クランチとレッグレイズです。


クランチとは仰向けに寝て、手を頭の後ろで軽く組み。ひざは曲げて上半身を丸めるようにしておへそを見る。というもの。身体を無理して起こす必要はまったくありません。腹筋を意識して身体を丸める。息を止めない。注意点はそれだけです。


もうひとつのレッグレイズは、体育会系の方ならご存知かもしれません。仰向けに寝て、足を伸ばし、(ひざは軽く曲げても良い)かかとを床から浮かします。そしてゆっくりと足を上に上げていって、垂直になるところでとめます。それから今度は逆にゆっくりとおろして行って最初の位置(かかとが床から少し浮いた位置)でとめます。これの繰り返しです。

ただしレッグレイズは腰に負担がかかるので、腰痛にならないように注意して決して無理をしないでください。腰痛もちの人はやってはいけません。

この二つを継続するだけでも効果的に腹筋を鍛えることができます。

posted by 補正下着 at 20:21 | メンズガードル