しっかり食べて、しっかり痩せる

しっかり食べて、しっかり痩せたい方は読むと良いかもしれません。

http://dietlife.meblog.biz/


日常生活の中での痩せるための考え方と行動のヒントが書かれています。

当たり前のことですが、痩せるためには

 摂取カロリー < 消費カロリー

とすればよいのですが、

何故それができないのか、あるいはうまくいかないのか、
どうしたらよいのかなどの情報が無料です。

 
 

posted by 補正下着 at 16:09 | メタボ

男性にも補整下着が必要な理由

メンズガードルをはじめとした男性用補整下着が最近注目されていますね。
補整下着というものは体型を崩すこともあれば、体型を作ることもできるんです。
正しく補整下着をきて、是非スリムになりましょう。

何故、今、男性用の補整下着、メンズガードルが男性に注目されているのでしょうね?
それには、男性も体形を注意しなくてはいけないという現実があるんです。

今は男性も女性と同じように外見が気になる時代なんですね。それは本人も周囲も、どちらも気になるのです。
肥満は自分の体のコントロールができていないという印象を与えることもあるようで、肥満を理由に会社の管理職につけないケースもあるくらいだそうです。
まあ、これは極端な例だとは思いますが、昔より自分自身の外見に注意を払っていかなくてはならなくなったことに関しては間違いないでしょう。
昔は太っていても全然平気でしたが今の時代は違うということです。
アメリカでは体型による社会的な評価が顕著ですが、日本でも体型のスリムさや体重のコントロールができているかどうかはいろいろな理由から重要だと思います。

体重のコントロールがしっかりなされてスリムな人とは、それだけで評価が高いです。
とはいうものの、現実には体型の維持って大変ですよね。

企業もリストラで随分スリムになりましたが、業績が上がったとしても残った社員への風当たりは強くなっています。
その中で頭角を現していくために、まずは外見から気を配ることが必要です。

メンズガードルなどの男性用補正下着はその手助けをしてくれるありがたい下着だということです。
posted by 補正下着 at 19:00 | TrackBack(1) | メンズガードル

内蔵脂肪型肥満が危ない

内臓肥満は、メタボリックシンドロームのきっかけだといわれています。

肥満は大きく分けると「内臓脂肪型」と「皮下脂肪型」という2つのタイプになります。

メタボは、「内蔵脂肪型」の肥満の場合がその予備軍だといわれているのです。
この内蔵脂肪型肥満は、中年以降の男性に多く、お腹周りを中心として全体的に丸い体型になってきます。ビール腹といったら、もっと分かりやすいですか?

内臓脂肪面積が100平方センチ以上の場合に内臓脂肪型肥満と診断されます。

生活習慣病と関係があるのがこの内臓脂肪型肥満。
動脈硬化、糖尿病などが、内臓脂肪型肥満が原因として起こるというのです。

あなたは、大丈夫ですか?



posted by 補正下着 at 23:45 | メンズガードル

腹筋を効果的に鍛える方法


メンズガードルで見た目はかっこよくなっても、脱いでしまったらぽっり、となります。
(長期間にわたってメンズガードルを着用していれば、改善効果はあるようですが・・)

ぽっこりお腹をへこませるためには、ダイエットと運動が必要です。

運動はまずは軽いものから。最初はラジオ体操でも良いのです。
そして散歩、ジョギング。

まず腹筋運動、と思うかもしれませんが、いきなり無理をしないほうが良いです。スポーツクラブなどに入っているなら、トレーナーと相談してメニューを組むことができれば理想的です。

さて、その腹筋運動ですが、いきなり張り切ると腰や首を痛めることになります。
前述のような準備期間を経て、軽い準備運動をしたのちに無理のない範囲で腹筋運動に取り組むのが良いでしょう。

効果が高いと言われている腹筋の鍛え方を二つご紹介します。

もともと腹筋をダイエット目的で鍛えるのか、腹筋を割ることが目的でトレーニングするのかによっても当然違ってきますが、基本は段階的に、無理のない形で負荷をかけていくということです。

通販でいろいろな器具を売っていたりしますが、まずは基本的な運動でも良いと思います。

さて、ご紹介するのは、クランチとレッグレイズです。


クランチとは仰向けに寝て、手を頭の後ろで軽く組み。ひざは曲げて上半身を丸めるようにしておへそを見る。というもの。身体を無理して起こす必要はまったくありません。腹筋を意識して身体を丸める。息を止めない。注意点はそれだけです。


もうひとつのレッグレイズは、体育会系の方ならご存知かもしれません。仰向けに寝て、足を伸ばし、(ひざは軽く曲げても良い)かかとを床から浮かします。そしてゆっくりと足を上に上げていって、垂直になるところでとめます。それから今度は逆にゆっくりとおろして行って最初の位置(かかとが床から少し浮いた位置)でとめます。これの繰り返しです。

ただしレッグレイズは腰に負担がかかるので、腰痛にならないように注意して決して無理をしないでください。腰痛もちの人はやってはいけません。

この二つを継続するだけでも効果的に腹筋を鍛えることができます。

posted by 補正下着 at 20:21 | メンズガードル

ぽっこりしたお腹をへこませるワザ

お腹をへこませようと思ったら、まずは歩くこと。
エスカレーターやエレベーターも乗らないほうがもちろんいいです。

歩くということはカロリーを消費し、体脂肪を減らすという以外にも、腹筋や背筋を鍛える効果もあります。

ためしに歩いているときにお腹をさわってみてください。腹筋が硬くなっていることが分かります。

お腹をへこませようと思うなら、常に腹筋を意識すること。「ながら腹筋」という言葉もあります。いすに座っているときでも、通勤電車の中でも、歯磨きをしているときでも腹筋を意識してみる。いすに座っているのなら、思い切って両足を持ち上げてみるのもいいですね。

使わないと衰えるのは頭も身体もそうですが、筋肉(筋力)はすぐに落ちてしまいます。
宇宙飛行士が地球に戻ってきたときには、足腰が弱っていて立てなくなるそうです。

あとは定番ですが、腹筋運動ですね。

posted by 補正下着 at 19:51 | メンズガードル

補正下着の効果は持続するのか

補正下着を身に着ければそのときは、ヒップアップなどの効果があるのは、分かった。

しかし本当に補正下着の効果は持続するのか?体型が補正されるのか?長期間身につけることでヒップアップが実現するのだろうか?

あなたはそうお考えのことと思います。

ここは、先輩である女性たちの意見に耳を傾けるのが良いと思います。

答えはYesでありNoでもあります。

医療用のコルセットなどを見ても分かるように、身体のゆがみをなおしたり、衰えた筋肉を(の代わりに)外側から支えたりすることで補正を促す方法は実際にあります。

またぴったりしたものを常に身につけることによって緊張感が生まれるという精神的な面も見逃せません。

また最近の研究では、筋肉に適度な刺激を与えることで身に着けているだけで筋力アップを促す仕組みも取り入られつつあります。

しかし、男性用補正下着はまだまだ新しい分野であり、研究途上。当然事例も限られています。女性用補正下着についていうと、正しい補正下着をきちんとしたほうほうである程度の期間身に着けると、ある程度の補正効果は見られるようです。

注意したいのは安易に安いものを買わないことです。できるだけ専門の販売店などでちんと相談し、測定し、多少金額がはっても自分にあったものを購入したほうが良いのです。

そんな面倒くさいことはしたくない。
そんなに費用はかけたくない。

ということであれば、ダイエットや運動で地道に痩せて、筋力をつけて体型を補正するのが一番でしょう。


 

posted by 補正下着 at 06:46 | メンズガードル