メタボの簡易チェック

メタボの簡易チェックリストです。

・あまり運動をしていない
・最近ベルトがきつい
・お腹の脂肪を簡単につかむことができる
・最近太り気味
・甘いものが好き

どうですか?
このチェック項目に1つでも当てはまるようなら、メタボに注意。

このリストは内臓脂肪のたまり具合を簡易的にチェックするためのものです。


いわゆるメタボの診断基準値は、ウエスト周りの判定によります。

 男性:85cm以上
 女性:90cm以上

ウエスト・腹囲周り、実際には内臓周りに余計な脂肪がついていると危険信号です。

お腹の周りの脂肪には、内臓脂肪と、皮下脂肪とがあります。
メタボの原因でもあるといわれているのは、この内臓脂肪のほうです。


甘いものが好き、毎日アルコールを飲んでいる、生活が不規則などの場合にはメタボらになりやすいので注意してください。

見た目は細身の人でも、内臓脂肪がたまっていてメタボになったり、メタボの予備軍になったりしているひとはかなりいます。

たださいわいなことに、内臓脂肪は皮下脂肪に比べると比較的燃焼しやすいので、ちょっとした生活習慣を見直していくことで、比較的短期に正常値に戻ります。

posted by 補正下着 at 17:53 | メタボ

メンズガードルの注意点

社会人になるとなかなか運動をする機会がありません。

それでも若いうちはサークル活動をしたりしていても、だんだんと仕事が忙しくなり、家庭を持ち、雑用が増え・・・。こうなると、運動を楽しむどころではありません。


また現代人の食生活は昔と比べて明らかに高カロリーです。

精神的には疲れきって、体力的にも辛いものがあるといっても、スポーツや肉体労働をしない方にはカロリーが過多なのは間違いありません。余分なカロリーは脂肪に変わり、一度ついた脂肪はなかなか落とせません。



運動、サプリメント、ダイエット、エステ。選択肢はあってもはじめるのも続けるのも大変です。三ヵ月後も大事でしょうが、今、なんとかしたいと思うのは当然です。


そこではやっているのが補正下着(メンズガードル)というわけです。
毎日身に着ける下着。身に着けるだけで効果があるのです。
もちろんメインは外見上の問題ですが継続して身に着けることで「引き締め」や「補正」効果も期待できます。

ただしここでひとつ、注意が必要です。メンズガードルを身に付けることで、体型を補正矯正できるということは、体に合わないメンズガードルを身につけた場合、体が歪みんで体型を崩してしまう危険もあるということです。とりあえず、メンズカードにチャレンジしよう。という発想は大切ですが、必要なものを適切なサイズで、選ぶのだということを忘れないでください。

posted by 補正下着 at 20:00 | メンズガードル

スタイリッシュなメンズガードル



スタイリッシュなメンズガードル


見かけよりも中身が大事というものの、外見から得られる印象というものは、大切です。それは言葉についても同じこと。補正下着というとなんとなく野暮ったいイメージがあります。ですから、男性用補正下着、というのではなく、メンズガードルと呼ばれています。下着と呼ぶのではなく、アンダーウェアと呼ぶのと同じことです。中身も大事、外見も大事。デザイン性と機能性の両立が求められるのです。

そういう意味からは、専門メーカー、直営店などで、豊富な品ぞろえの中から、自分の好みとサイズに合ったものを選べると言うのはうれしいことです。補正したいのは、ウェストなのかヒップなのか。それとも全体のシルエットなのか。目的に応じてデザインやカラーのバリエーションも、合ったほうが望ましいのは当然です。

ぽっこりお腹を眺めながら、メタ-ボにおびえているよりも、先ずはメンズガードルにチャレンジしてみる。そうして、少しずつで良いので運動を始めてみる。できることならば、ダイエットとトレーニングを続けてみる。それができれば完璧ですね。


スタイリッシュなメンズガードル


 
posted by 補正下着 at 13:56 | メンズガードル

腹筋運動は正しく行わないと効果がありません

突然ですが、質問です。あなたが補正下着に興味を持っているのは、でっぱったお腹をなんとかしたい。そう思うからですね。

運動していた頃は、筋骨隆々とはいかなくても引き締まった体をしていた。少なくとも昔は痩せ型と呼ばれていた。

それが今は、鏡を見るまでもなく、ポッコリとしたお腹。やすやすとつまめてしまうたるんだ肉。

昔、はいていたズボンが履けない。ベルトの穴の位置は、どんどん変わっていく。こんな筈じゃなかったのに、と思っていませんか。

メタボも恐いし、ダイエットもしなくちゃならない。そう思いながら、ついつい食べ過ぎてしまう。夏場ともなれば、ビールがおいしい。運動からはますます遠ざかる。そんな毎日を送っているのではありませんか。

補正下着は確かに効果があります。しかし、正直に言って、それはあくまでも見かけ上の話です。補正下着で、締め付ける、押さえつけることによって、体型を矯正してるだけです。

やはり本来は、カロリーを制限し、あるいはカロリーを消費し、適度な運動を行うこと。特にたるんだおなかをなんとかしたいと思うのであれば、腹筋運動を行うことです。ところが、この腹筋運動を続けることは、意外に難しいものです。そもそも正しい腹筋運動の仕方というものは、知らないし、どのくらいの回数を行なえば良いかが、わからないことでしょう。

実は、がんばって回数だけをこなしても、腹筋運動は意外と効果がないのです。正しく言うと、間違った腹筋運動しても、首や腰が痛くなるだけ。余分なところに力が入り、肝心の腹筋を使ってないために、おなかを,へこませる事が出来ないのです。

ここでは、腹筋運動の基本的な注意点を挙げておきます。

まずいきなりがんばって、回数を増やそうとしないこと。膝を軽く曲げ、手を頭の後ろで組んで、腹筋を意識しながら体をひねったり、勢いをつけたりせずにゆっくりと体を起こすこと。最初は、10回で1セット。軽い休憩をはさみながら、3セット。少なくともそれを2週間、できれば、1ヶ月続けてみること。

そうすれば、効果はないということはあり得ません。先ほど述べたように、首や腰に、痛みを感じるようであれば、それは正しい腹筋運動ではないので、いったん取りやめて、腹筋を意識しながらゆっくりと体を起こす。という原則に、戻って、取り組み直してください。
posted by 補正下着 at 15:10 | メンズガードル

補正下着クチコミ

補正下着の歴史は、男性用よりも女性用のものの方が長いので、補正下着の効果や選ぶ際の注意点など、女性の声は、参考になることが沢山あります。

よく言われるのは、補正下着は、慣れるまでは大変だということ。慣れてしまえば、身に付けていることが、むしろ快感に変わってきますが。個人差もありますが、初めて身につけた直後は、息苦しさや頭痛、肩凝りなどに悩まされる女性も多いようです。慣れてくると、寝ているときも身に付けて過ごすという人もいるほどで、苦しさは思ったほど感じない物のようです。

苦しくて、続かない。という方は、サイズが合っていないことも考えられます。本気で体形補正を目指すなら、きちんとサイズを計って購入しましょう。決して安い買い物ではないですから、慎重になっていいのです。

あたりまえかもしませんが、見た目はとてもよくなります。たとえ補正されているものにしても、スタイルが良くなるというのは、気持ちの良いことです。それがダイエットに効果があるのか、というと、それはまた別の話でしょう。

個人個人の体形に合わせて、イージーオーダーをしてくれるメーカーもあります。会員制のところですと、サイズを計ってくれたり、きちんとしたアフターフォローをしてくれたりします。しかし、サイズ直しと同時に、新製品や別の商品を進められるケースも多いようです。

結論して、補正下着は果たして効果があるのか、ないのか。最後の決め手はやはりやる気の問題のようです。
posted by 補正下着 at 23:48 | メンズガードル

なぜ男性用補正下着?

「男のくせに、ダイエット?」

「えーっ!男のガードル?」

「そもそもガートルって何?」

「補正下着って?腰痛防止のコルセット?」


あなたがこんな反応をしているのなら、
相当遅れています。


いや、いいんですよ。


スポーツ万能のあなたなら。

人前で着替えたときに、誰に見せても恥ずかしくない、
それどころからみんなが憧れるボディをお持ちのあなたなら。


女の子は見てますよ。

プールサイドのたくましい男性を。
いくら草食系がもてる時代とはいえ、
貧弱な男はそうそうもてません。

特に夏場は。


しかし身体を鍛えるのは大変。

それならせめてスーツ姿だけでも
ビシッと決めませんか。


いや、スーツに限りませんよね。


せめて服でカバーしているときに、
外観としての体型だけでも

カッコ良く決めませんか。



そんなときの補正下着です。

単純にカバーしているだけじゃなくて、
引き締め効果や、筋肉を刺激して
鍛える効果がある補正下着も登場しています。


トレーニングもできない。

ダイエットもできない。


それなら、せめて。

補正下着。




ちょっとだけ努力をしてみようと思うなら。
最速で肉体改造をする方法もありますが。

魅力的な体型は、男女に関係ないですよね。


腹筋のある身体を取り戻したいなら
少しは努力を。


それがイヤなら、せめて補正下着をみにつけてよ!



そういう時代じゃないでしょうか。

posted by 補正下着 at 10:58 | メンズガードル

男性用ボトムスで細身のスーツもバッチリ

男性用補正下着がいよいよ本格的なブームになってきたようです。

やせるには時間がかかるし根気も必要。
だけど履くだけでお腹がスッキリ見えるなら、というお手ごろ感が受けているらしい。男性用はガードルなどのボトムスを中心に、ぽっこりお腹を抑えてヒップを上げるという補正下着の人気が高いとのこと。はやりの細身のスーツをビシッと着こなしたい男心にとって3〜5千円の下着なら高くはない(?)

メタボリックシンドロームが気になり始める30歳代〜40歳代をボリュームゾーンとして、高齢者や20歳代にも受けているというのです。

大手メーカーのトリンプインターナショナルの広報担当者によると「若い人の間で細身のスーツがはやっているため、かっこよく着こなしたいと体型を気にする人が増えているようです。運動や食事制限は継続するのが難しいですが、補正下着は手軽に理想的な体型になれると好評です」との話。


posted by 補正下着 at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | メンズガードル