男性用補正下着

男性用補正下着。さて、なんと呼ぶのが一番分かりやすいのでしょう。
メンズガードル、メンズシェイプアップスーツ、男性用体型矯正下着、ボディスーツ・・・なかなかしっくりくる呼び名がないのです。

機能としては、骨盤矯正、ヒップハンガー(ヒップアップ)、ウェスト周りのだぶつき抑え、腰痛対策、シェイプアップ効果などといったところでしょう。もともと女性は中世のガードルから始まって(?)補正下着を身に付ける習慣がありますが、男性用の補正下着が登場したのは最近のことです。

なぜ今、男性用補正下着なのかは分かりませんが、見た目がすっきりするのは間違いありませんし、骨盤位置や体型の矯正にも効果はあるようです。そして意外に評価されているのが、締め付け感による気持ちの引き締め。帯をぎゅっと締める感覚に似て、しっかり、すっきりしなくてはならない。やるぞっ、という気持ちになります。もっともそれを長時間持続することは精神的にも、体力的にもきついですから、リラックスした自然体の方が良いのだという意見もあります。

理想としては、普段から身体を鍛え、自然体で過ごす。しかしそこに至るまでの間、あるいは、いざというときには補正下着(ガードル)のお世話になる。というのが正しい利用法かもしれません。

トリンプ、ワコール、KITORA、HOMなどのメーカーがそれを支援してくれるのです。

⇒ 激安メンズガードル
posted by 補正下着 at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(2) | メンズガードル

おすすめメンズガードル紹介・スクエアカットガードル編

近年、男性にもガードルを購入される方が増えてきているらしいです。

メンズガードルは様々なブランドからバリエーションに富んだ製品が発売されて続けています。
しかし、初心者の方の中には、一体どれを選べばいいか分からない・・・とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、このブログでは注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明しています。

メンズガードルに少しでも興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。


今、注目されているメタボ対策に最適といえるKITORAのメンズガードルシリーズの新作ですね。

今回はKITORAの「スクエアカットガードル」についてご紹介してみます。

このガードルは、ボクサータイプでなければ、ブリーフというわけでもない。スクエアカットのガードルとなっています。

お腹の部分は強力パワーネットによって全体に包み込み、お尻部分にもパワーネットを付けていますので、きゅっとした綺麗なヒップラインを演出してくれます。
また、もうひとつの特徴として、前を中心に2重仕様立体設計となっており、股関節部も強力なパワーネットで包み込んで、動きやすさが追求されていることが挙げられます。

素材については、通気性に優れた2WAYストレッチのオリジナル素材を採用しています。
サイズはS、M、Lの3サイズがあり、価格は4000円程度。

もし興味をもたれましたら、スクエアカットガードルの購入を検討してみるのもよいのではないでしょうか。
posted by 補正下着 at 00:00 | TrackBack(1) | メンズガードル

「HOM」のメンズガードルシリーズまとめ

男性用下着ブランド「HOM」は、これまで「女性だけのもの」という印象があった補整インナー界に一石を投じたブランドです。

「HOM」の登場によって、眼からウロコの発想で世の男性たちの要望に応え、メンズガードルなどの補整インナーブームの火付け役となったのが『ロングガードル』シリーズです。
そのロングガードルシリーズも早いもので07年12月に第5弾が発売されました。






これまでのロングガードルシリーズを簡単にまとめてみましたので、ご覧下さい。


第1弾・06年2月発売・タイプは普通、ヒップハンガーの2タイプ・サイズはM、Lの2サイズ・ カラーはブラック、レンガ。

補整下着ブームの先駆けとなった商品です。
そして半年もたたずに第二弾が登場しました。

第2弾・06年6月発売・普通、ヒップハンガーの2タイプ・サイズはM、Lの2サイズ・カラーはブラック、シルバー。

夏に向け通気性に優れたメッシュ素材を採用しています。

第3弾・06年8月発売・普通、ヒップハンガーの2タイプ・サイズはM、L、LLの3サイズ・カラーはブラック、ベージュ。

伸縮性のよい素材を採用しています。

やや間をおいて、

第4弾・07年5月発売・普通タイプ・サイズはM、L、LLの3サイズ・カラーはブラック、シルバー。

お腹押さえに特化されています。

第5弾・07年12月発売・ 普通タイプ・サイズはM、L、LLの3サイズ・カラーはブラック、ブラウン。

新作はヒップアップに特化したものになっているようですね。



今後もリリースされるであろうHOMのメンズガードルには、これからも注目です。
posted by 補正下着 at 08:00 | TrackBack(0) | メンズガードル

「HOM」の新メンズガードル・骨盤のきもちの特徴

「HOM」から発売されている「骨盤のきもち」というメンズガードルをご存知ですか?
この「骨盤のきもち」には具体的にどのような特徴があるのでしょうか?

HOM『骨盤のきもち』の最大の特徴は骨盤の動きを考えて開発された「仙骨クッション」と「丹田ベルト」です。

前側の丹田ベルト、後側の仙骨クッションによって骨盤を前後から挟み押さえ、開閉運動をサポートしてくれます。


まず、丹田ベルトについてです。
フロントの内側に幅広テープをクロスさせた丹田ベルトは、体のバランスに大きな影響を与えているというツボ、ヘソから指3本分ほど下の丹田部分をしっかり押さえるために採用。
この丹田ベルトによって、下腹部に圧力がかかって、インナーマッスルが鍛えられ、効果が現れるのです。

骨盤の開閉運動は、インナーマッスルの伸縮運動によって行われるので、インナーマッスルが鍛えられていると必然的に開閉運動もスムーズになるんです。
さらに、着脱のときに丹田ベルトのねじれが気にならないように、内側にパワーネットをつけています。

次に、仙骨クッションについて簡単に説明してみましょう。

仙骨に当たる箇所には、内部にボーン(骨のようなものですね)を入れたクッション性がある素材でできた仙骨クッションを採用しています。
開閉運動の軸となる仙骨をこのボーンで支えることによって、仙骨の形がしっかり整い、開閉運動をスムーズにする効果があるんです。
そのうえ、仙骨クッションによって仙骨を温めると、仙骨から脳脊髄までを循環している「髄液」(神経伝達物質分泌液です)の循環がよくなるのです。



このメンズガードルの斬新さを少しでも分かっていただけたらと思います。

posted by 補正下着 at 13:00 | TrackBack(2) | メンズガードル

「HOM」の新発想メンズガードル・骨盤のきもち発売!

最近日に日に国内でも注目度を増してきているメンズガードルですが、最近、また魅力的な新製品が発売されました。

それが、トリンプが取り扱うフランス発・メンズアンダーウェアブランドである「HOM(オム)」より発売された『HOM 骨盤のきもち』です。
これは、Z-MON治療院の寺門琢己先生との共同開発によって生まれた、骨盤の開閉運動をサポートするメンズガードルなんです。
開発チームは、体のラインやメンタルのバランスに影響を与えるという骨盤の開閉運動に目を向けました。
そして、腰の要部をきっちりと押さえ、骨盤の安定感をサポートすることによって、ボディラインのみならず、体のリズムを考えるという新発想のガードルというわけですね。

骨盤の開閉運動が体のラインやメンタルのバランスにとって非常に重要なのは、なにも女性だけではなく男性にもあてはまることなんです。
例えば、メタボリック症候群なども骨盤の開閉運動と深い結びつきがあるんですね。
メタボリック症候群の方の多くは、開閉運動が円滑に行われずに、そのため骨盤が開いてしまう傾向にあります。
これが開閉運動が円滑に行われるようになってくると、その開いてしまう傾向は緩和されると言われています。
ゆえに男性の体にとって骨盤の開閉運動はとても重要なのです。

その開閉運動を「骨盤のきもち」によってサポートしていくというわけですね。
この新発想メンズガードルがどれだけ受け入れられるのか注目です。
posted by 補正下着 at 17:00 | TrackBack(3) | メンズガードル

メンズガードル「スタイライナー」の使用について

メンズガードルには様々な種類のものがありますが、名前や形は分かったけれど、使い方がよく分からないという方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、使い方について書いてみます。

数あるメンズガードルに中に「スタイライナー」という製品がありますが、ご存知でしょうか?

この製品は、確かな補整力と快適な履き心地がウリの優れたメンズガードルの中のひとつです。スタイライナーの、効果をより発揮させるための正しい使用方法や使用上の注意について書いてみます。
スタイライナーをすでにお持ちの方はもちろん、これからスタイライナーの購入を考えている方は参考にしてみてください。

では、まず、スタイライナーの使用方法です。
普段使っている下着の上からスタイライナーを履き、股部に隙間が出来ないことを確かめてから、2〜3回ほど屈伸をします。

あとは、そのままスタイライナーを履いて下さい。

その場合は、より清潔に使用するためには、2〜3着ほどの洗い変え用をお持ちいただいて、毎回洗濯するようにしましょう。
しかし、繊維がくたびれてきたなあと感じたら新規に購入することをおすすめします。

続いて、使用上の注意に関してです。

未成年や肌にアレルギーなどを持っている方は、様子を見て異常がでてしまったら使用を直ちに停止し、医師などに相談するようにしてください。
女性ならば、妊婦の方の場合は、特に注意をして無理をしないことが大切です。

洗濯に際しては、生地を傷めないためにできるだけ手洗いをお薦めします。
洗濯機で洗う時には、洗濯ネットに入れて、弱モードで洗ってください。
また、多汗症の方の場合には、腰や太腿のムレを多少感じる場合があります。

主な注意点は以上です。ちょっとした知識があるだけで、補正下着を安心して効果的に使用することができるようになります。スタイライナーことを知っておき、スタイライナーの効果を大いに体感してください。
posted by 補正下着 at 22:36 | TrackBack(0) | メンズガードル

おすすめメンズガードル紹介・深VネックガードルTシャツ編

近年、男性にもガードルを購入される方が多いそうです。
現在、メンズガードルは様々なブランドからバリエーションに富んだ製品が発売されています。

でも、初心者の方の中には、どれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。
そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。

今回はご紹介するのは、KITORAの「深VネックガードルTシャツ」です。

こちらの商品ですが、メンズガードルはなにもパンツタイプのものだけではありません。
Tシャツタイプのものもあるんです。
はい。KITORAより深VネックのTシャツタイプのガードルがリリースされました。

これは、名前の通り深Vネックですので、ビジネス用インナーとしても力を発揮してくれることは間違いありません。

どういうことかというと、例えば、第一ボタンを開けていてもインナーがのぞかないよう、普通のVネックより最下部を下に配置しているんですね。
だからシャツのインナーに最適だと思いますよ。

普段着にもビジネスシーンにも使えるメンズガードルです。

嬉しいのは、前身のお腹部分には強力なパワーネットを張り巡らせており、ギュッとお腹の余分な脂肪を押さえてくれること。

緊張とリラックスのバランスが難しい毎日も、之で安心。

カラーについてですが、洗い替えを考え、なんと6色のカラー展開となっています。
カラーバリエーションの豊富さはとてもありがたいですね。

どうでしょう?参考になりましたか?

今までの補整下着において、ありそうでなかなか実現しなかった「ガードルTシャツ」をお見逃し無く!
posted by 補正下着 at 03:26 | TrackBack(0) | メンズガードル

おすすめメンズガードル紹介・バッチリホールドメンズひきしめガードル編

メンズガードルが一般的になってきて、近年、男性にもガードルを購入される方が多いそうです。

現在、メンズガードルは様々なブランドからバリエーションに富んだ製品が発売されています。

でも、初心者の方の中には、どれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことと思います。

そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。

今回は「バッチリホールドメンズひきしめガードル」(KITORA)についてご紹介してみます。
興味がある方は是非参考にしてみてください。

デザインはバラ柄プリントのタトゥー風ウエストゴムを使用していてでなかなかお洒落です。
補整下着というものはデザインよりも機能重視といったカッコ悪い物を想像してしまいがちな方もおられるかもしれません。
しかし、このガードルはその既成概念を見事に打ち破り、デザインと機能を高い次元で融合させたボクサータイプガードルとなっています。

しかも、カラーバリエーションが4カラーあるのも嬉しいですよね。

機能面で言うと、このガードルは、ヒップ部にあるパワーネットによってヒップアップ効果は抜群です。
素材は伸縮性に優れた生地を使用しています。
さらに、ヒップアップ効果抜群なパワーネットを後ろに配置しています。
実際に履いてみれば「ヒップを持ち上げている感覚」を実感いただけることでしょう。
ヒップの位置が上がることにより、足が長く見える効果もあり、スタイリッシュな体型になると思います。
タイトシルエットなのでフィット感もよいものがあると思いますよ。

posted by 補正下着 at 08:33 | TrackBack(1) | メンズガードル

おすすめメンズガードル紹介・スタイライナー編

スタイライナーをご存知ですか?

ご存じない方は、ちょっと以下の記事を読んでみてください。

近年、男性にもガードルを購入される方が多いそうです。
現在、メンズガードルは様々なブランドからバリエーションに富んだ製品が発売されています。
しかし、初心者の方の中には、どれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。
そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。
興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

今回は「スタイライナー」についてご紹介してみます。

このガードルにはどのような特徴があるのでしょうか?
ひとつずつ見ていきましょう。

まず、ウエストシェイプパネルによってお腹のたるんだ脂肪を支えてくれます。
お腹部分にはパワーネットパネルを裏打ち。
これによってぽっこり下っ腹をきっちりと押さえ込むのです。
また、ヒップアップパネルがたれてしまったお尻の肉をしっかり持ち上げ、きゅっとしたきれいなヒップラインを作ります。

履き心地も追求されていますよ。
ポリウレタンを芯にして、ナイロンが表面に、そして綿が肌面にくるよう工夫して編み上げているんです。
吸湿性が高く、かつソフトな肌触りを実現し、 補整力がありつつも締め付けすぎずにさらっとした肌触りなのです。

デザインにも独特のこだわりをみせています。
男性の股間部はメッシュ加工によって通気性に優れています。
そしてカラーは、スタイリッシュに見えるブラック。
また、スタイライナーの素材にはゲルマニウム入りのものを採用してるという具合。

さあ、このスタイライナーでジーンズやスーツをよりスマートに着こなしてみてはいかがでしょうか。周囲の注目を集められますよ。
posted by 補正下着 at 14:00 | TrackBack(0) | メンズガードル

日本国内のメンズガードル事情

最近は、メタボリック症候群や内臓脂肪など少し前までは耳にしなかった単語がメディアに取り上げられるようになりました。

かつては「男の貫禄」と言い訳できた突き出た下腹は、今では「不健康・はずかしい」ものの代名詞になりつつあります。

決心してダイエットに着手するものの、仕事や家族サービスなどで時間は取れず、いつのまにかダイエットからも遠のき、相変わらずのぽっこりたるんだお腹・・・、それを眺めてはため息なんて方々も多いでしょう。
実はそんな男性たちの間でメンズガードルが密かなブームとなっているんです。

ガードルで体形を補整することで、細身のパンツが履けるからです。

ぽっこりしたお腹を押さえ込み、たるんだお尻の肉を持ち上げ、すっきりウエストときれいなヒップに大変身。
お腹がへこんだだけでどことなく足も長く見えるので不思議です。

そしてガードルは体形補整のみならず、筋肉をきっちりサポートし、負荷や疲労を軽減してくれるので、実は腰痛に悩む方々にも広く愛用されています。

しかしメンズガードルは、これまでは一部のオンライン販売などでしか見かけることがありませんでした。
ところが、近年需要が増加していることで、大手女性下着メーカーのトリンプも「HOM(オム)」ブランドで販売するようになりました。
売り上げも順調に伸びているそうですね。

「HOM」はフランス・マルセイユ発。多くの男性に圧倒的支持を博している秘密は男性用のアンダーウェアにファッション性を取り入れたことのようです。

目立つお腹を隠し、それでいて見えないところでオシャレ・・・それがぽっこり世代のこれからのトレンドになる日も近い?
posted by 補正下着 at 19:00 | TrackBack(0) | メンズガードル

おすすめメンズガードル紹介・3分丈、5分丈ボクサーガードル編


現在、メンズガードルは様々なブランドからバリエーションに富んだ製品が発売されています。

これは、近年、男性にもガードルを購入される方が多いからだそうです。

でも、初心者の方の中には、どれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。
そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。
興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

今回は、オンライン通販ショップ・セシールで見つけた「3分丈、5分丈ボクサーガードル」についてのご紹介しです。

3分丈、5分丈ボクサーガードルは、お腹中心部分をしっかり押さえると同時に、バックからたるみ気味のヒップをきゅっとリフトアップする効果があるメンズガードルフル補整タイプです。
5分丈のものは、人気のロングタイプですので太腿もきっちりとサポートしてくれるのが嬉しいです。


このガードルにはいくつか特徴があります。


まずは、

1)フロントの腹部が逆三角形のあて布になっており、出っ張りを目立ちにくくしてくれる。

それから、

2)ヒップのリフトアップは広い幅の当て布により下から上へとサポートする。

3)3分丈、5分丈ボクサーガードル身生地全体が力の強いストレッチ素材ですので、全体をきっちりとサポートしてくれる。

最後に、

4)履きこみが深いので安定感のある履き心地を実現させ、フロント部は前開きタイプなために取り出しやすくなっています。

セシールの3分丈、5分丈ボクサーガードルは、このように細かいところまでこだわったガードルとなっています。
興味を持たれた方はオンライン通販などを利用して購入されてみてはいかがでしょうか。

posted by 補正下着 at 23:00 | TrackBack(1) | メンズガードル

メンズガードルブランド「HOM」について

HOMをご存知ですか?

近年、メンズガードルなどの男性用下着においてHOM(オム)というブランドが国内でシェアを伸ばしてきているそうです。
このHOMとはいったいどのようなブランドなのでしょうか?

日本人男性は、欧米の男性と比較してシャイで、下着選びなどは母親か奥様まかせになりがちでしたが、これにも異変が起こりつつあるんです。

HOM(オム)は1968年、ファッションの本場であるフランス・マルセイユより誕生しました。
当時あらゆる衣類の中で紳士向けアンダーウェアは「ファッション性」とは、縁遠い存在でした。

しかし、HOMは多彩なカラーや奇抜なプリント柄、新しいカッティングデザイン、良質な素材などを導入することで、革新的かつ優雅な行動派の男性に圧倒的支持を得ました。

そして現在、世界各地のマーケットにおけるメンズアンダーウェア売場には、バリエーションに富んだブリーフやトランクスが陳列されるようになりました。
これは、つまり「男性が自分自身のために外から見えない内面を装う」という習慣が定着しつつあるというわけですが、このような傾向の先駈けとなったのがこの“HOM(オム)"なのです。

"HOM(オム)"のオリジナリティや尖鋭的クリエイティビティは着実にファン層を拡大し、現在では世界80ケ国で“HOM(オム)"が発信するファッショントレンドが支持を得ています。

ファッションに関する情報量の増大も手伝い、おしゃれに対する意識の高まり方はアウターだけでなく、メンズガードルなどのアンダーウェアにまでこだわる男性が増えてきています。

1994年にトリンプは日本国内で“HOM(オム)"の販売を開始しました。

斬新なデザインと色使い、着心地の良さなどで着実にファン層は拡大しています。
posted by 補正下着 at 05:00 | TrackBack(0) | メンズガードル

おすすめメンズガードル紹介・エルフコムのメンズガードル編

男性にもガードルを購入される方が多いそうです。その数はどんどん増えているのだとか。

現在、メンズガードルは様々なブランドからバリエーションに富んだ製品が発売されています。
しかし、初心者の方の中には、どれを選べばいいか分からない・・・という場合も多いことでしょう。
そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。
興味がある方はどうぞ是非参考にしてみてくださいね。

今回はエルフコムのメンズガードルについてご紹介します。

このエルフコムのメンズガードルは、腰部をしっかりサポートして負担を分散してくれるという製品です。
ハイウエスト(胃の部分まできます)がたるみがちなお腹やお尻を包んでくれます。
小用トイレも身に着けたしたままなのが嬉しいですね(ポケットが付いています)

通気性に優れ、弾力性があり、動きもスムーズなので、ゴルフなどスポーツ時にも最適です。
胃部まで覆う履きこみ丈、そしてお腹から背中まで被うパワーネットにより、お腹をしっかりと押えます。

足口は膝上まで伸びているので、ヒップからトータルにシェイプするので足をすっきりと長く見せる効果もあります。
立体裁断でヒップ部に位置をキープするため、履いていることを忘れてしまう感じです。
前後左右には計4本のスパイラルボーンがあり、体に掛かる負担は最小限となっています。

「スパイラルボーン」とは、ソフトな細い金属の紐を、コイル状に細かく巻き板状に仕上げたもののことです

驚くべき伸縮性を利用したこのガードルは、履き心地の良さと自由な動きに加え、立体的なシェイプを実現し、体に沿ったスリムかつスタイリッシュなファッションを約束してくれるということで人気の商品です。
posted by 補正下着 at 01:00 | TrackBack(0) | メンズガードル

おすすめメンズガードル紹介・アンダーウエアヘムボクサー編

これからは女性だけではなく、男性もガードルを身に着ける時代です。
現在、メンズガードルは様々なメーカーから様々な種類のものが発売されています。
でも、初心者の方の中には、最初はどれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。
そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。
興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

今回はSHAPERSの「アンダーウエアヘムボクサー」についてご紹介してみます。

これは、着用した瞬間に体をナチュラルに整えて、理想のボディラインを実現させてくれる最新テクノロジーから生まれたインナーです。

体にピタッとフィットするインナーによって、シャープなボディラインのデザインを可能にしてくれます。
ポイントは太もも裏のクロスラインですね。
クロスライン設計によって、たるんだヒップをプッシュアップしてくれ、理想のヒップラインが手に入りますよ。

他にも、ウエストはパワーネットが腰をサポートしたり、サイドは脇のラインを綺麗にシェイプします。
足口部分はアウターにひびきにくい仕様になっているのも特徴です。

カラーについては、ブラック×グレー、ブラック×ブラックの2カラー展開。
サイズはM・Lの2サイズを展開しています。

価格は5000円前後となっているようです。

興味を持たれた方は是非お試しになってみてくださいね。
posted by 補正下着 at 12:00 | TrackBack(0) | メンズガードル

ワコールのメンズガードルについて

ワコールと聞いて思い浮かぶのは何ですか?
ワコールというと女性用下着というイメージが強いと思います。

そんなワコールが、メンズガードルのような男性用下着を発表したんです。着用して歩くと運動量が増え、お尻やお腹の引き締め効果が期待できるという製品です。

婦人下着大手のワコールも男性下着市場では、そのシェアは1%程度。

メタボリック症候群に注目が集まってきて、体形を意識する男性がより一層、増えると見込まれていることから、新機能をウリに販売増を狙っているようですね。

気になる商品は名は「exwalker(エクサウォーカー)」というそうです。
これは、ひざ上からおしりにかけ、全体を包むもので、いわばメンズガードルのような形をしていて、太ももの前部に弾力性が強い素材をX字形に組み込んでいます。
その仕組みは、足を前に出す際に太ももの筋肉を刺激することによって、ひざが伸びて歩幅が広がるので、運動量が増えるというのです。

実際に、ワコールの男性社員ら約40人が週5日以上着用してみたところ、3カ月で7割の人の体重が減少し、9割の人が体脂肪率が減ったそうです。
またウエストも8割の人が細くなったとのこと。

この製品は、08年からメタボリック症候群などに着目した保健指導や特定健診が始まるのを前に、年明けより企業の健康保険組合を通じ販売開始されました。

ワコールはもともと女性用下着において、「おなかウォーカー」など同様の商品を約600万枚販売しています。
おなかウォーカーは5〜6千円ですが、このエクサウォーカーの販売価格はそれより安いわけですね。

気になる方は、店頭で探してみましょう。
posted by 補正下着 at 10:00 | TrackBack(3) | メンズガードル

メンズガードルを買う際に注意すべき点

メンズガードルは、近年、体型を整えたい中年男性などを中心に売り上げを伸ばしてきています。
ただ、メンズガードルを買ってみたはいいが、イマイチ自分に合わなかったため失敗した・・・という声もよく聞かれます。
では、メンズガードルを買う際に注意すべき点はどのようなものがあるのでしょうか?
それについて少し書いてみたいと思います。

まず、食事の際に起こる微妙な体型の変化によって、苦しくなってしまうようなものは、とてもではありませんが健康性に優れた補整下着とは言えませんよね。
食事のときにも着用したままで苦しさを感じない補整下着かどうかチェックしましょう。
補整下着の運動性は通常の下着よりもややシビアに設計されているんです。
窮屈な補整下着に体を押しこむ状態が長く続いてしまうと、体型を崩してしまうだけでなく、健康にも害がありますからね。
たとえ小さな差異であっても、サイズが合わない補整下着を着用していると時間の経過につれて悪影響が出てくるものなんです。

ラインナップの少ない販売店で、自分の体にフィットするサイズのものが無かった際に、それに近いもので妥協してしまうのは、適合性が高い補整下着とは言えないです。
まずは何が不満なのか、そして、それをどうしたいのかをしっかりと定めましょう。
自分はそのために何が足りないのかをしっかりと認識することが大切です。

以上のことを注意して、自分に合ったガードルを見つけるようにしてくださいね。
posted by 補正下着 at 23:00 | TrackBack(0) | メンズガードル

おすすめメンズガードル紹介・スロギーメン99ソフトガードルボクサー編

これからは女性だけではなく、男性もガードルを身に着ける時代です。
現在、メンズガードルは様々なメーカーから様々な種類のものが発売されています。
でも、初心者の方の中には、最初はどれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。
そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。
興味がある方は是非参考にしてみてくださいね。

今回は大手下着メーカーのトリンプ(Sloggi men<スロギーメン>)の「スロギーメン99ソフトガードルボクサー」について書いてみますね。

この製品の特徴についてですが、まず、おなかとヒップをキレイに、かつカッコ良く整えてくれます。
また、デザインはシンプルなものになっているソフトガードルなので、どなたでも気軽に着用しやすいのはいいですね。
きっと大活躍してくれることだと思いますよ。

それから、裾とウエスト部分は切りっぱなしのヘム仕様なので、アウターにひびきにくいのは嬉しい点ですね。

素材ですが、ナイロンが55%、ポリウレタンが25%、綿が20%となっています。
サイズはM/Lの2サイズが用意されており、前あきのものはありません。
カラーはブラック、ブルー、ベージュの3カラーがあります。

価格は2000円以下なのでお求めやすいのも嬉しい点ですよね。
興味をもたれましたら、是非お試しになってみてくださいね。
posted by 補正下着 at 05:01 | TrackBack(0) | メンズガードル

おすすめメンズガードル紹介・ロングガードル(スタンダードタイプ編)

おすすめのメンズガードルを紹介しています。

現在、メンズガードルは様々なメーカーから様々な種類のものが発売されています。
でも、最初はどれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。

ご興味がある方の参考になればと思い、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。


今回は大手下着メーカーのトリンプの「ロングガードル・スタンダードタイプ」についての説明です。

高いファッション性をもったトリンプならではの機能性がウリの話題の男性向けガードルが、ロングガードル・スタンダードタイプです。
このロングガードルには、このスタンダードタイプの他にヒップハンガータイプもありますが、今回はスタンダードタイプについて触れてみますね。

このガードルの特徴を説明しましょう。

まず、身生地は薄く延びる素材を採用しています。
ヒップ部は、モールド加工とギャザーを寄せ、これによって立体的なヒップを演出してくれます。
足口は1枚仕立てのヘム仕様になっており、アウターに下着のラインが響かないのがいいですね。
また、1枚履きタイプなので下にパンツを履く必要もありません。
ウエスト部分は生地を折り返しているので、これによって圧迫感を少なくしています。

素材に関しては、ナイロンが80%、ポリウレタンが20%。
はきこみ丈は普通で、サイズはM/Lの2サイズが用意されています。

興味がある方は是非お試しになってみてください。
posted by 補正下着 at 10:29 | TrackBack(0) | メンズガードル

おすすめメンズガードル紹介・ロングガードル(ヒップハンガータイプ編)

現在、メンズガードルは様々なメーカーから様々な種類のものが発売されています。
でも、最初はどれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。
そんな方のために、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。
興味がある方は是非参考にしてみてください。

今回は大手下着メーカーのトリンプの「ロングガードル・ヒップハンガータイプ」について書いてみますね。

この製品は高いファッション性をもったトリンプならではの機能性に優れた話題の男性向けガードルです。
このロングガードルには、スタンダードタイプもあるのですが、今回はヒップハンガータイプについて説明してみます。

このガードルの特徴ですが、まず、身生地は薄く延びる素材を採用しています。
ヒップ部は、モールド加工とギャザーを寄せることにより立体的なヒップを演出しています。
足口は1枚仕立てのヘム仕様なのでアウターに下着のラインが響くことはありません。
また、1枚履きタイプですので、下にパンツを履く必要もありません

肌触りはつるつるとしていて心地よいものがあると思います。
ウエスト部分はHOM(フランスの男性下着専門ブランド)のロゴが入ったテープが入っています。
ローウエストに対応したヒップハンガータイプとなっています。

なお、素材はナイロンが80%、ポリウレタンが20%となっています。
はきこみ丈は浅めで、サイズはM/Lが用意されています。

興味がある方は是非試してみてください。
posted by 補正下着 at 01:00 | TrackBack(1) | メンズガードル

おすすめメンズガードル紹介・ロングガードル編

メンズガードルは様々なメーカーから様々な種類のものが発売されています。
しかし、最初はどれを選べばいいか分からない・・・という方も多いことでしょう。ここでは、注目のメンズガードルをピックアップし、簡単にですがどのような特徴があるのかなどを説明してみたいと思います。
興味がある方は是非参考にしてみてください。

今回はトリンプの「ロングガードル」について書いてみますね。トリンプはご存知の通り、大手下着メーカーです。

ロングガードルは紳士用下着ブランドの「HOM」名義での販売されています。
この製品は、トリンプが「見た目での抵抗がなく、かつ年齢を問わない着用が可能」と謳っている通り、ひざ上までのロングタイプでまるでスパッツのようなスポーティーな外見が特徴ですね。

素材は女性用と同じで締め付け力が強い生地を使用しています。熱処理やギャザー寄せによって立体的なヒップラインが実現できるような加工がされています。
また、下着のラインが出ないように、足口は段差が生じにくい切りっぱなしのヘム仕様を施すなど、なかなか本格的な仕様になっているんです。
カラーは黒とレンガの2色、サイズはMとL、股上の浅いヒップハンガータイプと通常のスタンダードタイプの2タイプが販売されています。

このロングガードルは20代から中年の男性を中心に支持を得ています。それは「男性の装いに対する意識が高まりつつある中、男性のニーズに応える商品」というトリンプの狙いがピタリと当たったということですね。
posted by 補正下着 at 01:04 | TrackBack(0) | メンズガードル